IoT/M2Mプラットフォーム「Surve-i」

お電話でのお問い合せ
Tel:03-6683-3235
お問い合せはこちら
e-mail form

space
IoT/M2Mとは
昨今、IT業界だけでなく、製造、運輸・物流、リテール、エネルギー、インフラ、建設・土木、環境、医療・健康管理などさまざまな業界でもキーワードとなっているIoT/M2M (Internet of Things / Machine to Machine)。
そもそも、IoT/M2Mとは何なのでしょうか。
space

IoT(Internet of Things/アイオーティー)

モノのインターネットとも言われ、世の中にある様々なデバイスをネットワークに接続し、情報をやり取りすることです。さまざまな場所に設置された、あるいは移動体に搭載されたデバイスと通信が可能になったことで、今までにない新しいサービスの開発、展開が急ピッチで進展しています。これに伴ってIoTという用語が意味する範囲が広がっており、その考え方、技術、サービスまでを総称した概念として使われることも多くなっています。
space

M2M(Machine to Machine/エム・ツー・エム)

M2Mは基本的に人が介在することなく、機械と機械が直接情報のやりとりを行い、その情報によって、自動、自律的に適切なアクションを実行することです。

M2Mはデバイス間の通信のみで、デバイスから送られる情報を元に制御を行います。それに対し、IoTはモノがネットワークに接続していることがポイントになります。つまり、M2Mの概念はIoTの概念から見ると要素の1つということが言えます。

例えば、自動販売機が中にある飲料の個数情報を持っていて、この個数情報がある一定の数まで減った時に、その情報を在庫管理しているコンピュータに送り、そのコンピュータから補充が必要な飲料の発注を行う仕組みがあります。これは、人が介在せずに機械同士が情報をやり取りするM2Mの技術を使ったIoTと言えるでしょう。
space
Surve-iカフェテリア式IoT/M2Mプラットフォーム
space

↑ PAGE TOP